自社採用ホームページをGoogleしごと検索に対応させる方法

先日「Google for Jobsが「Google しごと検索」として正式にリリースされました。」という記事を書きましたが、採用関連でいろいろとググッてみると「Googleしごと検索」の記事やニュースが盛り沢山で、昨年話題になったIndeed以上の盛り上がりになっているように思えます。

スマホが普及して何かあったらまずはインターネット検索する現代において、検索エンジンで一強状態のGoogleが求人に進出するというだけで話題にならないわけがありませんし、実際に検索結果に求人情報が表示され始めてその目立ち具合(下の画像参照)を見たら「Googleしごと検索に対応しておかないと今以上に求人応募がなくなってしまうぞ」という危機感を感じるのは当然のことだと思います。

自社採用ホームページをGoogleしごと検索に対応させる方法

自社採用サイト(もしくは自社サイト内の採用ページ)をGoogleしごと検索に対応させる=検索結果の求人欄に表示させる、には「ある対応」が必要になります。
ちなみにGoogleしごと検索の説明ページにはこのように記載されています。

求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加することで、求職に関するエクスペリエンスを向上させることができます。構造化データを追加することで、求人情報を Google 検索結果に表示して、特別なユーザー エクスペリエンスを提供できるようになります。
Googleしごと検索 から引用

「求人情報の構造化データをウェブページに追加」すると検索結果に表示されるようになるようです。
ここで問題になるのは「構造化データとはなんぞや?どうやってつくるの??」ということと「ウェブページにはどのように追加するの?」ということだと思います。

ウェブページにどのように追加するのかについては別の記事に書くとして、今回は「構造化データとはなんぞや?どうやってつくるの?」について書きたいと思います。

構造化データをサクッとつくる方法

普通に構造化データをつくろうとするとかなりややこしくて、正確には「JSON-LD」というもので求人情報を記述する必要があります。
ちなみに「JSON-LD」とは何かというと。。。

JSON-LDは、Linked Data(リンクト・データ)を記述するためのフォーマットです。
SEOにおいては、構造化データのボキャブラリの1つであるschema.orgを記述するシンタックスとして利用できます。
海外SEO情報ブログ から引用

どうでしょうか?さっぱりわからないですよね?
正直言って上の説明文を読んでもさっぱりわかりません。

それではどうすれば良いのかというと「JSON-LD」がわからない人でも構造化データを作成することができるようなツールがありますのでそれを利用させていただきます。
求人情報構造化データジェネレーター

※追記(2019.2.8)
Googleしごと検索に対応するための「求人情報構造化データ」を生成するツールを作成しましたので「Googleしごと検索構造化データ作成ツール」ページをご覧ください。

上記にアクセスして「求人情報を入力」の各項目に入力していくだけで「Googleしごと検索」に対応した構造化データを生成してくれます。
ちなみに、生成した構造化データに問題がないかどうかは「構造化データテストツール」でチェックすることができます。

この構造化データを自社採用サイト(もしくは自社サイト内の採用ページ)に追加することで「Googleしごと検索」に対応することができます。
是非試してみてください。