第12回 固定ページで募集ページを作成する

第12回 投稿記事で募集ページを作成する

第9回から第11回までの記事で一通りのコンテンツページを固定ページで作成しましたので次は同じく固定ページで「募集ページ(求人ページ、募集要項)」を作成します。

募集ページの構成例

募集ページは募集する職種や仕事内容、勤務時間や給与などの募集要項を掲載するページです。
ちなみに下記はよく見かける募集ページ(募集要項)の例です。

募集職種: 総合職
初任給:  大卒20万円
勤務地:  本社
勤務時間: 9時~18時(実働8時間)
休日休暇: 週休2日制、祝日、年末年始
福利厚生: 各種社会保険完備、交通費支給

この記載内容だとあまりにも味気なくて求職者に対するアピールができていません。
募集ページの一つの例としては下記のような構成をオススメします。

1. イメージ写真
2. 職種名(興味を惹く魅力的な名前)
3. 求人の魅力キーワード
4. メッセージ(会社から求職者へ)
5. 仕事の内容(できるだけ詳しく)
6. 求める人材(こんな人に働いてほしい、こんな人に合っている)
7. 職場風景(職場の雰囲気や雰囲気がイメージできる写真)
8. 募集要項(勤務時間、待遇、休日などの基本的な情報)
9. 勤務先住所、地図
10. 応募方法と選考の流れ
11. エントリーフォーム

詳しくは以前の記事「求人ページと募集要項の内容と構成の例です」を参照してください。

固定ページで募集ページを作成する

以前の記事「第9回 固定ページでコンテンツページを作成する」を参照して固定ページで「募集ページ」を作成します。
募集ページは、職種ごと、勤務地ごと、新卒社員と中途社員とパートアルバイトごとに作成します。

プラグインをインストールする

求職者が応募(エントリー)するためのフォームを設置するのですが、WordPressで制作するサイトにフォームを設置する際は、プラグインを利用するのが一般的です。ちなみにオススメは「Contact Form 7」というプラグインです。
プラグインのインストールするやり方については「第7回 プラグインをインストールする」の記事に詳しく書いてありますので、この記事を参照して「Contact Form 7」プラグインをインストールしてください。

Contact Form 7でフォームを作成する

第12回 固定ページで募集ページを作成する

画面左のメニューから「お問い合わせ>新規追加」をクリックします。

第12回 固定ページで募集ページを作成する

タイトルには任意の名前を入力します。画像では「エントリーフォーム」と入力しています。
本文欄には応募の際に求職者に入力してもらう項目を入力します。
入力が完了したら「保存」をクリックします。

第12回 固定ページで募集ページを作成する

背景が青色になっている箇所のコードをコピーします。
画像では「[contact-form-7 id="42" title="エントリーフォーム"]」の部分です。

募集ページにフォームを設置する

「固定ページ>固定ページ一覧」をクリックして先ほど作成した「募集ページ」の「編集」をクリックします。

第12回 固定ページで募集ページを作成する

本文の欄のエントリーフォームを設置したい箇所に先ほどコピーしたコードを貼り付けて「更新」をクリックします。
これで「募集ページ」の作成が完了です。

この記事を書いた人

藤森
藤森ヒューマンリソースコンサルタント 採用サイト制作事業部 責任者
システム会社に営業として十年程度勤めた後、独立してWeb関連など複数の会社を設立。独学でHTML・CSSを学び自社Webサイトを制作し、実践にてSEOとWebマーケティングの独自ノウハウを得る。自社採用においては独自の方法で採用マーケティング活動を行い、100名以上の面接を経験。
十数年の会社経営後、2018年から現職。