なぜ採用サイトが必要なのか?

採用サイトを持つだけで競合他社に対し優位に立てる

ある調査によると、自社採用サイトを持つ企業は3割程度で、それ以外の7割の企業のうち、4割はテキストのみの募集要項のみ、2割は就職情報サイトへのリンクのみ、残り1割は採用に関する情報自体の掲載がないという結果になったとのことです。このことからも、自社採用サイトを持つだけで、採用競合他社に対して優位に立てるということがわかります。

採用サイトがないと求職者を不安にさせる

ほとんどの求職者が就職活動の情報源として企業サイトを見る現在において、自社採用サイトがない会社は、一昔前に企業ホームページがない会社に対して感じていた印象と同様に「大丈夫かな?」と不安にさせる会社と言えます。

採用サイトを持つことで6つのメリットが得られる

  1. 紙媒体と違ってどれだけ情報を掲載してもスペースに応じた料金は発生しません。
  2. 掲載期間やそれに応じた料金が発生しませんので採用者が出るまで求人募集を出し続けることができます
  3. 規定の求人票などでも掲載できない写真画像を掲載して視覚的にアピールすることができます。
  4. 「貴社」と「応募者がイメージする貴社」とのギャップをなくすことができます。
  5. 求人媒体に頼ることなく独自に宣伝して求職者からの応募を集めることができます。
  6. インターネット検索やSNSや紙媒体など、あらゆる媒体からアクセスを集めることができます。

会社サイトと採用サイトは使い分けた方が良い

一般的に企業サイト(コーポレートサイト)は、お客様や見込み顧客、株主など、さまざまなステークホルダーに向けて情報発信を行うためのサイトなので、会社の信頼性やサービス、自社の強みなどをアピールするために、サイトの文章や画像やデザインなどに自由度が少なくなりがちです。
それに対して採用情報は、求職者が会社を身近に感じ、実際に働いているイメージを持てるようにするため、サイトの内容や雰囲気、デザインやページ構成などを求職者に向けたものにする必要があるので、企業サイトとは別の採用サイトでアプローチすることが望ましいと言えます。
また、採用サイトを作ることで、求職者に対して「この会社は採用の特設サイトを作るほど積極的に採用活動を行っている」とアピールすることができます。

中小企業向け採用ホームページ制作

採用ホームページ制作にご興味がありましたら、
ご質問やご相談、お見積依頼など、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP